自動車というものはいわゆる贅沢品で、価格もかなり高価なものです。
優れた商品で合っても価格が安くなければ売れないこの世の中で、自動車メーカーが一番気いしているところがコストの削減です。開発費も含めて、車1台にいくらかけて作るかという事なのですが、この製造コストを下げるために各社いろいろな工夫をしています。コスト削減を一番得意としているのがトヨタ自動車で、それによって売り上げ台数世界ナンバーワンとなったわけなのですが、このトヨタがとった対策が、流用パーツの多様です。新しい車にその車専用のパーツを使うとなるとその車のためだけにパーツを作らなければならなくなり、その分お金がかかってしまいます。
しかし、他の車に使っているパーツを使えば、そのパーツの開発費や製造費を安くすることができるのです。しかし、トヨタほど極端にやってしまうと弊害も出ます。
例えば、ヴィッツのプラットフォーム、トヨタのコンパクトカークラスの車のほとんどはこのヴィッツのコンポーネントを使って作られており、ボディだけ違うものを使っているという状態です。そうなると見た目は違いますがドライバーズシートに座っていざ運転し始めると、他の車とほとんど同じ運転フィーリングとなってしまい、全く個性が出せないのです。トヨタが作った車で過去にボディだけは専用設計だがそれ以外のパーツは全て当時売られていた車からか持ってきたもので作られているという車もあったほどトヨタは流用パーツが大好きなのです。どうりでここ最近のトヨタ車はどれも同じに見えてくるはずです。