車のタイヤは、数年経つと走行距離に関わらず劣化してしまいます。タイヤはゴムで出来ていて、それそのものの寿命は大体5年程度です。
全く走っていなくて、車に取り付けてすらいないタイヤでも、放置しておくと劣化してひび割れたりしてしまいます。輪ゴムとかでも、放置されると弾力がなく伸びきってひっぱるとすぐプツンと切れてしまうと思いますが、それと同じような感覚です。
そんな状態のタイヤで走行するのは、とても危険です。下手をすると、スリップ事故などを引き起こしてしまいます。
通勤用に車を使っている人は、信号や道なりの関係で曲がったり止まったりが多いと思います。そういう乗り方をしている車のタイヤは、結構劣化が早いです。
曲がる・止まる・進むの動作は、強い摩擦が起きてしまうので、タイヤがすり減る原因になります。
もちろん、乗り方が悪いという意味ではなく仕方がないことなので、時々タイヤの様子を見てみることが大切です。タイヤに入っている溝が減っていると替え時だと言われています。
車検の時に後どのくらい平気か聞いてみるのもいいと思いますよ。

トラック 買取