車買取の時に査定などを行う時に、口頭や書類などを使って、現在のその車の状態を教える機会があります。その時に必ず聞かれることが事故歴の有無です。
事故といってもバンパーをちょっと擦っただけのものから廃車寸前で何とか原状復帰できるような状態になるような事故まで様々ですが、こういったときに該当する事故というのは、ボディパネルやバンパーなどを交換するような事故のことを言います。当然、「事故の経験がある」と申告してしまえば査定額に大きなマイナスポイントを与えることになるので、そこまで言っていないちょっとした接触事故程度なら申告する必要はありません。
しかし、逆に大きな事故を起こしてフェンダーやフロントバンパーなどを交換しているのに査定額が下がるからといって、「無事故」と申告するのはかえって良くないことになります。車というものはボルトやタッピングネジなどで組み立てられているだけのもので、交換すればボルトに緩めた跡が残ったり工具が当たった跡が残ったりするもので、ちょっと知識がある方であればその車がボディパネルを交換したことがあるかどうかすぐにわかります。
特にフロントフェンダーは事故によって交換されることが多い部分でもあり、その取り付け部分に交換の跡が残っているとなるとその車は事故車ではないかと疑われるわけです。
本人の申告と実際の車の状態に違いが生まれるという事は、人間が嘘を言っているという見方をされ、逆に他の部分も嘘をついているのではないかという目で見られるため、同じ車でも査定額は低くなるのです。悲しいことに正直者は馬鹿を見るという時代になってしまいましたが、査定の時だけは正直に話した方がいいと思います。