タイヤ周りの1つのドレスアップ方法としてインチアップというものがあります。
タイヤの外形はそのままで、ホイールの径を大きくし、ホイールのデザインを目立たせるというものですが、これは実はドレスアップではないのです。
インチアップという手段はサーキットなどを走るレーシングモデルから始まったもので、タイヤのサイドウォールのヨレによってコーナーリング中のグリップの低下やフィーリングの悪化を防ぐために、同じ外径のタイヤでもホイールを大きくすることによってサイドウォールの幅を小さくし、それによってサイドウォールのヨレを出来るだけなくすというタイムアップのための手段なのです。

しかし、サイドウォールの幅が狭くなるという事には、乗用車としては大きなデメリットを持つことになります。それは乗り心地の悪化で、多少なりとも路面のデコボコを吸収していたサイドウォールの幅が少なくなったために小さなデコボコでもサスペンションに伝わることになるのです。
レーシングモデルやチューニングカーでは気にならないことでもミニバンやエコカーなどといわれる一般的な乗用車では非常に気になることになるのです。
従って、ミニバンやエコカー、ファミリーカーなど乗り心地を考えた車には無用のことなのです。
特にミニバンの20インチ以上のインチアップは、乗っている人間としてはかっこいいと思っているでしょうが、本当の意味を知っている人間からすれば愚かなことだと思われているのです。
知らないって怖いことですね。

ハリアー 値引き